賃貸の仲介手数料の相場について

賃貸物件契約を結ぶときに、多くの場合必要になってくるのが仲介手数料です。
不動産会社が貸主と借主との間に入って話をまとめます。
双方が気に入った場合、この話は成立します。
うまくまとまって契約となった場合その報酬として不動産会社に支払われるのが仲介手数料です。
貸主から直接入居者に貸す場合はこの手数料はかかりません。
不動産会社が受け取ることができる仲介手数料は最高で家賃の1ヵ月までと決められています。
ですので、この家賃1ヶ月分というのが仲介役手数料の相場となります。
1ヶ月の家賃が10万円の物件ならばこの手数料は、10万円です。
この場合貸主側は負担していないことになります。
不動産会社の差別化を図るため借主にも家賃の0.5ヶ月分を請求し、貸主側にも家賃の0.5ヶ月分を請求するところもあります。
貸主側との思いとしては、空室になるくらいなら自分も手数料を負担して早く借主を見つけたいと言う思いがあるようです。